引き出物は郵送が便利【ゲストへの負担が減少する】

女性

守るべきマナー

出産祝いをもらったら出産内祝いを、お返しするのが一般的な常識ですが幾つか守らなければいけないマナーがあるのをご存知でしょうか。まずは何といっても、いただいた品物よりも高価な出産内祝いを贈るのは最悪なことを覚えておいてください。

詳しく見る

お世話になったあの人へ

ギフト

自宅まで楽々配送

結婚式ではお世話になった方々へ感謝を込めて、引き出物を用意します。ゲストにとっては食事とともに結婚式でのお楽しみの一つとなっています。しかし、遠方から参加するゲストにとって「重い」「大きい」引き出物は持って帰るのに一苦労します。そこで、最近は引き出物を郵送するカップルが増えています。ゲスト思いのサービスですが、実際導入する前に確認することがいくつかあります。1点目は、式場へ支払う持ち込み料の有無です。最近は引き出物を郵送する場合は、持ち込み料が発生しない会場も多いです。しかし、時折郵送時でも持ち込み料が発生する会場もあります。また、ゲストの数によって持ち込み料が発生する会場もあるため、プランナーさんに必ず確認する必要があります。2点目は、必ず両家のご両親の意向を確認することです。引き出物を郵送することによってゲストへの負担は減少します。しかし、「折角の結婚式なのに手ぶらで帰らされた」と考える方も少なからずいらっしゃいます。また、「結婚式の引き出物は豪華な物を持ち帰るのがよい」とされる地域もあるため、土地柄も考慮する必要があります。特に親族が多く出席する結婚式では、特に慎重に考える必要があります。3点目は、どのようにゲストの住所を把握するかという点です。引き出物を郵送する際、専門業者が用意するものの中から選ぶ際は、住所を書く申し込み用紙がセットについてくることが多いです。しかしゲストごとにお店で注文したり、申込用紙が付属していない場合は、どのようにゲストの住所を把握するかを考える必要があります。場合によっては用紙を自作する必要が有り、意外と準備に時間がかかることもあります。最近人気の引き出物の郵送ですが、様々な事情を考慮する必要があります。

男性

生活環境で選ぶ

敬老の日のプレゼントは相手の欲しい物を選びましょう。直接、聞いてみるのもいいかもしれません。聞けない場合には相手の置かれている生活環境から探ってみるといいでしょう。使える物なら無難です。趣味の物などがおすすめです。

詳しく見る

ギフト

賢く贈るギフトアイテム

結婚式に欠かせない引き出物や引き菓子、縁起物などのアイテムを、ゲストの自宅に郵送してもらえるサービスが注目を集めています。重くかさばりがちな引き出物を持ち帰る必要がない上に、豊富な品揃えと良心的な料金で、ゲストと新郎新婦双方の負担を軽減してくれます。

詳しく見る

おむつケーキ

日用品や消耗品が人気です

赤ちゃんを出産した女性は、多くの人から出産祝いのご祝儀を頂くので、感謝の気持ちを伝えるために、出産内祝いのギフトを贈る必要があります。お子様が生まれてから、一か月以内に届くように配慮しましょう。実用的ですぐに使ってもらえる商品がお勧めです。

詳しく見る

女性

特別な贈りもの

敬老の日に人気のプレゼントは男性にはお酒、女性にはお花です。お酒を飲まれない弾性には服も人気があります。歳を重ねた方は毎日の生活がワンパターンになりがちです。敬老の日のプレゼントでちょっと特別な気持ちになってもらいたいものですね。

詳しく見る